2016/05/28: 情報商材は儲かるの? - とほほの初めてのメルマガアフィリ

RSSホーム



2016/05/28: 情報商材は儲かるの?

【本日のオススメ無料レポート】

★ 1. 『Googleは裏切らない!!
 SEO対策の正しい理解
 キーワードをしっかり拾ってアクセスを増やす方法』

 ⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/SdH7xxEI/


ブログをはじめたけど、
まったくアクセスが増えずに困っている方へ。

たくさんのサイトを作らなくても、
アクセスをたくさん集めて、
長期的に集客をすることができる、
SEO対策ノウハウを完全公開します!



★ 2. 『決定版】著作権フリー『Pixabay』。
 ブログやWordpressに役立つ
 高品質な画像62万点が無料で使い放題。
 商用利用、画像加工、編集OK!』

 ⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/rq6sOBhw/


ブログやWordpressで記事を書く時に、
画像の使用はアクセス集めには必須です。

今回ご紹介するレポートでは、
Wordpressの記事投稿画面から
画像の検索及び貼り付けだけでなく、
商用での画像加工も自由に行え、
しかもクレジット表記やオンライン登録の必要もなしに
画像が利用できるいうPixabayをご紹介したいと思います。




。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°


こんばんは、どっといがです。

いつも読んでいただいてありがとうございます。




情報商材って廃れないですよね。
怪しいのになぜなんでしょう。


で、
情報商材って本当に儲かるの?


ハッキリいいます。

他人の痛みがわかる、
こころ優しい良識のあるあなたには
儲けることはできません。

儲けることができても、短期間で終わり!
すぐに儲けることができなくなります。



◆ ネットビジネスといえばアフィリエイトor情報商材

ある程度ネットに親しんでいる人ならば、
どちらもある程度は知っていると思います。

 『アフィリエイト』と『情報商材』


2つはまったく違うものですが、
この10年ほどで台頭し、
これからも廃れることはなさそうです。



◆ アフィリエイトの仕組みはシンプル

アフィリエイトの仕組みはとってもシンプルです。


広告主のバナーやテキストリンクなどの広告素材を
ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)を経由して
あなたのサイト(ブログ)に掲載します。

その広告経由で、
広告主サイトを訪れたユーザーが、
商品を購入したり、
サービスを利用したりすることで
成果が発生します。


ブログやホームページに掲載した
「広告」の掲載結果やクリック数、
あるいはリンク先(広告元)での商品購入などの
成果に応じて収入が受け取れる仕組みです。



◆ 一方の情報商材は?

一方情報商材といえば、

 「1ヶ月で30万円稼げる」
とか、

 「空いた時間に作業をするだけで、
 初心者でも簡単に月収100万越え!」

とか、
あるいは

 「絶対に勝てるFXトレード必勝マニュアル」

とか、
これらの商品名はいずれも適当に考えたものですが、
みなさんも見かけたことはあると思います。



◆ 情報商材って怪しすぎない?

きっとほとんどのユーザーは
情報商材を見たときに思うでしょう。

 「またこういうやつか。こんなの買うやついるのか?」

と。


そうですよね。
だって商品を売るために
大切な詳細なんかは何も書かれていません。

 「これを読めばあなたにも大金が……」
 「平凡だった私が月収100万円……」

とか、そんな類のことしか書かれていません。


中身がないですよね。

 商品売る気あるの?
 商品買わせる気あるの?

と思ってしまいます。



◆ しかし情報商材は廃れない。

しかし結論から言えば情報商材は
これからも絶対に廃れないでしょう。

それはなぜか。
買っちゃう人がいるからなんです!


ええ、普通の人は大体無視しますよ。

しかし、
就職活動に悩んでる若者や、
ギャンブルにハマって借金を抱えてしまった人、
全然稼げないフリーター、
空いた時間に何かお小遣いを稼ぎたいという主婦。


そんな人たちが「簡単に稼げる」と
豪語する情報商材を買ってしまうわけです。



◆ 「無料メールマガジン」は登録してはいけません

情報商材にはいきなり情報を買わせるのではなく、
「完全無料のメールマガジンで全てをお教えします」
といった形であなたのアドレスを要求してきます。


「まぁ無料なら」と登録してしまう人も多いでしょう。

しかし、
これがきっかけとなって
情報商材を大金で買わされてしまう人もいるのです。


なぜなら、
「アドレスを登録する」という時点で、
その人はその情報商材に
なんらかの興味を示しています。


そして毎日のように送られてくる
メールマガジンには色々書かれているでしょう。

「私は平凡な人間だったけど
これをやるだけで大金持ちになった」という成功体験が。


そして通常は3万円の情報を、
「今なら19,800円でご提供」といった
アホしか引っかからない値引きを提示してきます。

1度自分から「アドレスを登録する」という
アプローチを仕掛けた人は、
この貧相なメールマガジンや
値引きの効果に騙されてしまうのです。


心理学的には
「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」
と呼ばれるものです。

まぁだいたいは前述したようなお金に困っている人とか、
悩みを抱えてどうしたらいいかわからない
……と思っている人ですね。


お金が無いときに
大金を簡単に儲ける誘いをされて、
「数万円程度で月収100万円稼げるようになるなら……」
と買ってしまう人もいるわけです。



◆ 実際儲けられるの?

それでまあ気になるのは
実際にそういう情報で儲けられるのかということですが、
結論からいうと儲けられます。


だって買ってしまった
自分と同じようなカモは日本中にいるんで、
そのカモを見つけて同じように
商材を売りつければいいだけですから。



 でも
 それで本当にいいの?



というのも、
情報商材で扱われている
「全く新しい手法」とかそういうのは
大体『嘘っぱち』に近い誇張です。


その辺の書籍にも載っているような
普通のテクニックが多いんですよね。


でもコピーライティングのテクニックなどで

 「すごそう!」

と思わせるだけのカスみたいな情報なんです。


食いつくのは困った人だけ。
寄ってきたカモからはしっかり搾り取る。

これができる人は
確かに月収100万よりもっと稼げますよ。



◆ なぜ情報商材はなくならない?

ほとんど詐欺みたいな情報商材がほとんどな中で、
なんで情報商材はなくならないんでしょうか。

消費者はバカなんでしょうか。
はい、消費者はバカなんです。


深夜にやってるテレフォンショッピングの類や、
雑誌の後ろのほうに載ってる
「これをつけるだけで金と女が面白いようによってきた」
っていうブレスレットとか、
あるいは早朝にやってる「こんなに健康になりました」
っていう青汁の宣伝番組は無くならないですよね?


なぜ無くならないか。

やっぱり売れるからなんですね。

「試しに」とかそんな軽い気持ちで
結構高い値段でも買ってしまうんです。





まー、
「何をして稼いでいるの?」と聞かれて
答えにくい商売はしたくはありません。

稼げるようになるまで時間がかかっても良いから、
屁理屈無しの全うなビジネスを進めていきたいものです。

# 『屁理屈』って?
# これを公にしゃべってしまうと、まずいかな?

こんなバカが一人くらいいてもいいっか!



# 今日のメルマガの内容は、
# わたしの日頃の行いと違っています。
#
# お許しください。




それでは、このへんで。


本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。




。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°

【どっといがの無料レポート】

★ 『【WordPress: All in One SEO Pack】
 “All in One SEO Pack”で適切なSEO対策を施せるよう、
 使い方を詳しくお伝えします。』

 ⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/Pg9Y6a7e/


下に示すURLで、
この無料レポート全ページを閲覧することができます。


 ⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/TJ4Pm0SK/



★ その他、どっといがが作成した無料レポートはこちら↓

 ⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/O19wzAeQ/


ほとんどの無料レポートが、
閲覧できるようになっています。

2015-05-28 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク
Copyright © とほほの初めてのメルマガアフィリ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。