2016/06/21: 簡単に競合サイトの調査ができるオススメのChrome拡張機能 - とほほの初めてのメルマガアフィリ

RSSホーム



2016/06/21: 簡単に競合サイトの調査ができるオススメのChrome拡張機能

こんばんは、どっといがです。

いつも読んでいただいてありがとうございます。




今まで何度か、
競合調査のできるChromeの拡張機能を紹介してきましたが、
きょうは現時点(2016/06/21)での最新のものを
まとめて紹介します。



競合調査といっても、
個人で運営しているサイトですから、
大きなところを競争相手としてみて
調査するというわけではありません。


どちらかというと、
真似したいサイトがどんな技術を使っているのかを
調べるために使います。


たとえば、

 ・ どんなCMSやテーマを使っているのか?

 ・ どんなプラグインを使っているか?

 ・ 他サイトではなく、
自サイトのソーシャルメディアでの反響は?

 ・ 自分でも使ってみたい色の色コードを取得する


気に入ったデザインが見つかれば、
紹介するツールで調べて、
自分のサイトに組み込む

といったふうに。



無料のものですので、是非一度はお試しを!



なお、使わない拡張機能は、
次のようにしてくださいね。

 1. アンインストールする

 2. または、下に示す拡張機能で、
普段は無効にしておき、
使うときだけ有効にする。

 《Extensions Manager (aka Switcher)》
 ⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/N99YUZM8/

Googleの拡張機能は有効のままにしておくと、
使わなくともメモリを消費してしまいます。

非力なパソコンでは、
他のアプリの実行速度低下を招きます。

特にWordは影響が顕著です。



1.】 SEO SERP 

⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/MdWMq2JO/

有料・無料問わず
キーワード単位で順位を計測するアプリケーションは
出ていますが、
起動するのが手間だと感じる方に
オススメなのがSEO SERPです。


このアドオンは、
特定のホームページ対して
調べたいキーワードの順位を定点観測することができます。



2.】 Appspector

⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/GmqcTUus/


調べたいホームページが使用している
CMS、アプリケーション、ソーシャルメディアを
利用しているかなど、
表面上では分からない情報を
アドレスバーに表示してくれる拡張機能です。


PHPやjQueryのバージョンも確認をできるため、
競合となるホームページが
どういった技術を駆使しているのか、
それを自分のサイトに応用することが
できるのかといった使い方にも適しています。



3.】 ColorZilla 

⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/oLw8XVmB/


デザイン面においても競合調査は、
重要な判断材料となります。

なぜなら、
デザインから競合の意図を考察することができるからです。


そういった際に、
単純な色の違いだけでなく、
具体的にどのカラーコードを使用しているか
といったことを調べる際にColorZillaは重宝します。

マウスカーソルを合わせたエリアの
カラーコードやCSSの情報も表示されます。

自分のサイトをデザインする時にもとっても便利なツールです。



4.】 Google Similar Pages 

⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/ptu5hCNm/


バーにアイコンが表示されますので、
クリックすると現在閲覧中のページに
類似するページが一覧で表示される仕組みになっています。



5.】 SEO Site Tools 

⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/YFH9k2i7/


競合の内部リンク数、アクセス数、被リンク数やインデックス数まで、
おおよそのSEO対策状況などを見ることができる拡張機能です。


ソーシャルメディアでのシェア状況なども表示されるため、
どんな投稿をしているかを調べる事もできます。



6.】 AdMatrix Analytics 

⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/REvLu2YT/


競合サイトがどのようなキーワードで
SEO対策を行っているかを
チェックすることは重要なことです。


この拡張機能を使えば
「titleタグ」や「metaタグ」の内容、
h1やh2などの「見出しタグ」や
「キーワード含有率」まで確認することができます。


競合のページがSEO対策において
重要なタグにどういった記述をしているかを
可視化してくれるので、
競合のホームページを
構造から丸裸にすることができる便利なツールです。



7.】 SimilarWeb

⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/lI5Ko2oC/


競合を丸裸にできるといったキャッチコピーで有名な
競合分析サービスのChrome拡張機能版です。

これによって分かる情報は、
月間のユーザー数推移、
滞在時間、
チャネル別の流入比率
(検索エンジン、ソーシャルメディア、外部サイト)などです。


個人運営のアクセス数が多くないサイトでは、
有効な情報が表示されないのかもしれません。

ちょっと、使い難いツールではあります。



8.】 BuiltWith Technology Profiler 

⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/oV9Ci4vV/


こちらの拡張機能は、先ほどのAppspectorと同様に
ホームページを構築している技術を可視化することができる
レントゲンのようなツールです。

ウェブサーバは何を使っていてCMSはどれ使っているかなど、
ブラウザから簡単にチェックできるので便利です。



9.】 Ghostery

⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/a3iuhlXG/

Ghosteryは、
GoogleやFacebookのクローラーが
どのようなにトラッキングしているかをチェックするものです.



10.】 Social Analytics

⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/FnUVipxq/


文字通り閲覧中のページが
Facebookなどのソーシャルメディアで、

どれくらいシェアされていて、
どれくらいコメントされているかなどを
一目で確認できるようになります。




それでは、このへんで。


本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。





。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°

【本日のオススメ無料レポート】

★ 1. 『カード申し込み無し!1日36514円稼いだ2016年6月厳選自己アフィリ案件』

 ⇒ http://mail.omc9.com/l/01wqEf/jcsXHidd/


自己アフィリはクレジットカードだけではありません。
おいしい案件を厳選してご紹介。

1日2時間程度の作業で36514円稼いだリストとは?
ASP毎に現金化出来る分を紹介しています。


# カード無しで、1日3,6514円とはスゴイ!
#
# カードの場合、成果があっても
# 個人情報が信用機関に登録されます。
#
# 必要なものならいざしらず、
# 報酬目的のカード作成は。。。。
#
# カードに代わる高額な自己アフィリ案件が
# 紹介されています。


2015-06-21 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク
Copyright © とほほの初めてのメルマガアフィリ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。